東日本大震災に被害遭われお見舞い申し上げます
  

   平成23年3月11日 午後2時46分
日本の歴史、私の歴史にも忘れられない痛ましい日となりました。
午前中は娘の卒業式に感動し、成長に涙しました。
 
 しかし、午後ラジオを聞きながら仕事をしていた所、緊急地震速報が鳴ったかどうかのタイミングで、あの地震が起こりました。体全身
を貫く様な、地響きと大きな揺れ・・・外に出るのは容易く出れたのでそんなに強い感じはしませんでした。只、異様に長かった。いつもの
地震だと、もう少しで収まるはず、そう自分に言い聞かせ耐え忍びましたが、容赦なく揺れ続けます。やめてくれ!と発狂したくなる位、長い時間、揺れ続けました。
 
 近所の子供達も歩いて出て来れたので、強さに関しては同じ感覚だったと思います。お母さんと空き地にペタンと座って、キャーキャーと泣いていました。
 
 長い揺れが収まり、ご近所さんへ声掛けしていた所、余震がその後も続き、暫く外で様子を見ているしか出来ませんでした。

 家の中は地震で足の踏み場が無い状態で停電になっていました。
情報を仕入れるのにもインターネットも使えないので、車のラジオから状況を聞くしかなかったです。

 海辺の町なので津波の脅威が頭をかすめました。発生から10分後には10mの津波が来る。ラジオから緊急放送が流れました。それと同時に町内の緊急放送も流れ緊張した状態が続きました。

 ・・・電気は切れラジオと車のカーナビのテレビの情報でこの大災害の惨さをじわりじわりと実感させられました。

 未だに連絡が取れないお客様が数多くいます。
今迄お世話になりました方々に連絡がつかずにいます。私の会社もインターネットが未だに使えないので、これを更新した時には、安否が分かっているかと思いますが、『再会』しか考えられません。

 大変でしたね。お互いこれからも頑張って行きましょう!

この言葉で又、必ずお会する日を信じて・・・



    
  みやぎ生協亘理店の駐車場 12日午前の様子
 
  農道が津波で浸水し脱輪したトラック  

トップ アイコントップ

newpage2.htmlへのリンク